Flow

薬局譲渡の流れ

薬局譲渡を買取あっぷるにご依頼頂く流れをご紹介します。
以下は株式譲渡によるM&Aを想定していますが、事業譲渡も基本的には同じような流れで進みます。

1

ご相談

最初はお問い合わせフォームにてご連絡をお願いいたします。匿名のご相談からでもかまいません。
十分にお話しいただいた後に、直接お会いさせていただき、譲渡の目的や時期、条件などを詳しくお伺いします。

2

秘密保持契約の締結

薬局譲渡は極秘を要する仕事です。
売り主様と「秘密保持契約」を取り交わした上で、希望する譲渡価格、方針といった、
譲渡のための具体的なお話をさせていただきます。

3

薬局の評価・プランの作成

実際に調剤薬局を運営している立場から、付加価値をつけた査定をいたします。
当社が「改善が見込めると判断した部分」も査定に盛り込みますので、一般的なM&A会社とは査定額に大きな違いが生まれます。
査定額に納得頂きましたら、譲渡価格や支払方法、税務対策、従業員の雇用、
医療機関、薬品卸問屋、患者さんへの対応策などを協議します。

4

譲渡先の選定・紹介

売り主様の希望に適した譲渡先を選定、推薦いたします。
当社には、開業を希望する薬剤師が多く登録しておりますので、状況に合わせた最適なマッチングを図ります。

※多店舗で薬局を展開している会社とのマッチングも可能です。

5

譲渡条件の調整

譲渡価格など、条件面の話合いを当事者同士で行うとトラブルを起こし易いため、弊社の担当者を通して交渉いたします。
双方が納得いくまで最終的な条件を探ります。

6

譲渡先との顔合わせ

譲渡先の代表者との顔合わせでは、事前に条件についての調整が済んでいるため、
買い主様の「譲り受けたい理由」や「今後のビジョン」等の確認、
売り主様の経営する薬局の沿革や医療機関との関係等の共有が一般的です。

7

基本合意書の作成、
契約書の締結・開示

譲渡価格、譲渡財産の範囲と内容、譲渡日、従業員の引き受け、薬品在庫の譲渡の有無など、
合意がまとまった時点で、双方の了解を文書化して基本合意書を作成し、契約内容を調整して締結。
契約決定後、医療機関や従業員などにも通達致します。

8

引渡し

契約書締結と同時に、譲渡日までの業務引継ぎや譲渡日当日になすべきことなどの「実施計画書」を作成。
譲渡翌日から円滑な業務運営ができるよう、業務の移行をおこないます。

- POINT -

売買したい薬局のご相談と併用して、今後も継続する薬局のサポートも可能です!

・薬剤師の手配(人を増やす・入れ替える)
・薬の共同仕入れ(コストの見直し)

薬局譲渡のご相談

事業承継、M&Aを検討されている薬局のオーナー様
まずはお気軽にご相談ください

無料相談お申し込み